2016年7月より2年間、McGill University Health Centre、Royal Victoria Hospital 麻酔科(Dr. Thomas Schricker, Dr. Hiroaki Sato 師事 [専門は心臓手術と栄養・代謝] )にて臨床研究、基礎研究をおこないました。

留学中の研究

臨床研究では心臓手術をうける患者さんに同意を得て術後認知機能障害(Postoperative cognitive dysfunction: POCD)とその治療法(インスリン静脈投与、経鼻投与)について研究を行いました。

基...

2017年10月より2019年8月までの約2年間、モントリオールにあるマギル大学 School of Computer Science(Doina Precup教授に師事)にて訪問研究員をしておりました中村と申します。建築学科を卒業後、日本の建設会社にて構造解析・地震応答解析などに従事しておりましたが、マギル大学では『建築・建設業への人工知能の適用』をテーマに研究活動をさせていただきました。

人工知能やAI(Artificial Intelligence)という言葉は、2010年頃からニュースなどで目にすることが増えてきました。コンピ...

2015年4月より2年間、モントリオール心臓研究所(Dr. Stanley Nattel師事)にて博士研究員として基礎研究をおこないました。もともと僕自身は循環器医師として診療・研究に携わっており、臨床研究でイタリアの別のラボへ留学することを考えていました。そのボスが日本の学会へ招聘者として参加予定であり、会う予定でしたが、諸事情により訪日されませんでした。そんな最中、現在のボスから、日本人の医師を博士研究員として探している、基礎研究の経験がないことは問題ないから来ないかという話を頂きました。基礎研究を初めて海外でやることに不安はあ...

2015年4月より1年間、マギル大学経済学部で客員教授(Visiting Professor)として勤務しております。私がカナダへ滞在するのは2度目です。モントリオールは、以前から私にとって憧れの場所であり、いつか家族と一緒にこのバイリンガル(実際はそれ以上)の環境で生活したいと考えていました。また、マギル大学で優秀なスタッフと一緒に研究することは、研究者としてどうしてもやってみたいことでした。今回、その夢を実現することができました。

私の仕事は、経済学(専門は国際経済学)を研究し、経済学の面白さ・有用性を多くの人に伝えることです。経...

Please reload

Featured Posts

カルチャーショック

July 1, 2020

1/8
Please reload

Recent Posts