ABOUT US

モントリオール・アカデミー会の紹介 

モントリオール・アカデミー会は、モントリオールで活動する日本人研究者の発展を援助し、その家族のモントリオールでの生活への順応を援助することを目的としてHenry R.Shibata先生とLucas Yamamoto先生が中心となり、既存のBoston Ale Club(ボストンエール会)を模範とし、1963年1月に立ち上げた互助会です。 
現在はHenry R.Shibata先生(元McGill University外科および腫瘍学教授,MD,MSc,FACS,FRCSC)が会長を務めています。また、配偶者や家族を同伴する研究者が増えたため、1967年頃より柴田ナチコ氏の指導のもと、女性版のアカデミー会(アカデミー婦人会)が発足しました。 
以来およそ1000人を上回る青年医師、科学者、看護師、教師その他がモントリオールを来訪し、McGill University(マギル大学)をはじめUniversite de Montreal(モントリオール大学)、Universite du Quebec a Montreal(ケベック大学モントリオール校)、その他の研究施設において、研究及び経歴の発展に努めてきました。発足当初は医師研究者が大半でしたが、現在は医学・生物学系をはじめとして理学、工学、文化学、芸術学など分野を問わず、また教職、ポスドク、博士課程、修士課程、短期研究などさまざまな状況で、留学もしくは永住して研究している日本人の方に、家族ぐるみで参加いただいています。現在の会員数は約40家族です。 
年2回のレクリエーション(新年会および夏のバーベーキューパーティ)を恒例行事として行っており、相互の親睦を深めつつ、情報交換の場を提供しています。新年会は様々なレストランやプライベートクラブにおいて開催してきました。
社交的な行事として、春にはCabane Sucreにおいて「メープルシロップ狩り」が、秋には「リンゴ狩り」が開かれてきました。近年、このような行事は、日加協会の御厚意により共同で開催されています。日加協会は、その社交行事に関し常に我々に情報を提供して下さり、多くの会員がそれらの行事に参加し、その恩恵に授かってきました。 また、新しくモントリオールへ来られる方には御家族が新しく生活を始めるために必要な事務手続きの方法、または生活情報などをまとめたパンフレット「モントリオールガイドブック」を、アカデミー会婦人会が作成し(初版1990年)、配布してきましたが、現在はweb pageへと移行しつつあります。メーリング・リストを立ち上げ、新たに会員間の情報交換の場を提供しております。 
特筆すべきこととして、過去40年にわたり、多くの青年医師及び研究者が日本に帰国し、その経歴の更なる発展に努め、それぞれの分野で確固たる地位を築いておられることがあげられます。また何名かの研究者は、引き続きカナダや米国に在住することを決心し、北米においても基礎研究の分野で輝かしい業績をあげておられます。 
アカデミー会では随時、会員を募集しております。新たにモントリオールへ来られる方にもご紹介ください。入会金は無料です。年会費として恒例行事参加者からのみ、活動費などを適宜いただいております。(恒例行事に参加しなかった場合は年会費はいただいておりません。)その他レクリエーション費用に関してましては原則実費とさせていただいております。入会・退会は自由です。

モントリオールアカデミー会 幹事 佐藤宏明 Dept. Anesthesia, Royal Victoria Hospital, McGill University Health Centre

                           

 

OUR BRANCHES

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now